離婚手続き

離婚手続きに専門家が必要なワケ

キリスト教の国フィリピンでは、「離婚」のシステムがないと聞いたことはありませんか。事実、日本のように役所に届け出だけで離婚が成立する制度はありません。そのため、日本人がフィリピン人と結婚しようとした際、パートナーが既婚ということが、しばしば問題になります。

では、一度結婚すると二度と結婚できないのか。

もちろん、婚姻関係を無効とする手続きが存在します。ひとつは「婚姻無効裁判(Annulment:アナルメント)」、もうひとつは「離婚承認裁判(Divorce Recognition)」です。
※離婚承認裁判を含めてアナルメントと呼ぶ場合があります。

名称のとおり離婚とは異なり、書類を提出して届け出をすれば完了とはいきません。婚姻が無効であることをフィリピンの法律に基づき裁判にて証明する必要があります。そのため、法律の専門家である弁護士の協力が必要になります。

本当の”幸せ”を得るために法律に則った手続きを

婚姻無効の手続きに裁判が必要であることは上記に述べた通りで、想像以上の時間と費用が掛かかることは、まずご理解を戴きたいところです。

このように申しますのも「企業努力」や「裏技」との名目で、違法行為を行う業者も沢山存在しているからです。コストを抑えたい、今直ぐ結婚したいといったご希望もあるでしょう。しかし、困りごとが生じた際に、法律に則った手続きを行っていれば、日本大使館やフィリピン政府は事情を配慮した対応を行ってくれます。弊社では法律を遵守しながらも、いち早く手続きを終えられるよう全力でサポート致します。手続きを行って愛する女性やお子様が、後々に違法な手続きのために苦しまないよう、法律に則った手続きを進められることを切実に願っています。

離婚訴訟専門の弁護士による徹底サポート

ご自身で離婚手続きを行う場合、各種書類の作成や手続きを行うために弁護士に依頼することになりますが、信頼できる弁護士を探すことに苦労します。 全てではありませんが、専門外でも対応できると言うが実際にはできない(遅々として進まない)、高額な費用の請求、期限(時間)や行程管理の甘さ等、日本のサービスとの違いにストレスを感じることになるでしょう。
弊社では、離婚訴訟を専門と多数の実績のある、信頼のおける弁護士と提携しています。

 お問い合わせ / Contact Us

お電話でのお問い合わせはこちらをクリックしてください。

提携法律事務所

民事・刑事関係

ATTY.NAPOLEON MAURO C.ROXAS
Venustiano S. Roxas and Associates Law Office
2nd Floor Verso Bldg.,Violeta Metroville Subdivision Biñang 2nd, Bocaue, Bulacan, Philippines 3018

民事・刑事・離婚訴訟関係

ATTY. HENRY B. SALAZAR
JIMENEZ BAROQUE & SALAZAR Law Office
U250 Valero Plaza, 124 Valero St., Salcedo Village,Makati City, Philippines 1227